正しい化粧水の塗り方でしっかり保湿をしよう

subpage01

乾燥した肌を潤して保湿してくれる。

女性であれば化粧水をつけるというのはもはや常識ではないでしょうか。

肌は乾燥してしまうとキメが乱れ毛穴が開いてしまいます。

また乾燥を油で補おうとするので、ギトギト肌になってしまいます。
ですがこれはしっかりと保湿できれば改善できるのです。

化粧水の保湿の情報が沢山詰まったサイトです。

特別なものは必要ありません。
化粧水の塗り方で効果的に肌に浸透させられる方法を紹介します。

まず、化粧水は手でつけるようにしましょう。


コットンを使う方もいますが、摩擦が起きやすくコットンの法に化粧水が入ってしまうのでおすすめできません。

手の方が肌に優しくつけられ、またハンドプレスすることにより肌の奥に浸透してくれます。


またつける順番は額ー鼻ー頬ー顎の順に少量ずつゆっくりやりましょう。
ここで焦らないようにしてください。



すこしずつ水分をいれていくことが大切です。

この工程を3回ぐらい繰り返すと肌がモチモチしてきます。
そうなったら、肌に水分がきちんと入った合図です。

化粧水を肌にしっかり入れた後は乳液をつけクリームをつけてください。これをしないと入れた水分が蒸発して逃げてしまいさらに乾燥してしまいます。



乳液やクリームは蓋の役目をしてくれます。
このときもハンドプレスを忘れないようにしましょう。

水分と保湿をすることで、女性の肌はきれいになることができます。いつも使っているスキンケアを時間をかけて行いツルツルで白い綺麗な肌をめざしましょう。

化粧水の情報まとめ

subpage02

年齢とともに、お肌は乾燥しやすくなります。その理由として、コラーゲンの生成が減少してしまうことが挙げられます。...

NEXT

化粧水の秘密

subpage03

化粧水で保湿する際のポイントとしては、肌に水分を与えて整えることです。洗顔後は、余分な皮脂や汚れが取り払われた状態です。...

NEXT

化粧水についての考察

subpage04

化粧水は洗顔した後に付けるアイテムですが、少し工夫するだけで効果を何倍にも飛躍させることが可能です。「コットン」を使って化粧水をたくさん付けると、ローションパックという手段で、皮膚を潤すことができます。...

NEXT

化粧水の皆が知りたい情報

subpage04

化粧水は腐敗・劣化します。アルコール類に該当するグリセリンやエタノール、純粋な糖質であるグルコースやマルトースは腐敗しないですが、ベース成分になる水や保湿液、美白を促す植物エキスや天然系の有効成分は腐食します。...

NEXT