保湿に特化した化粧水とコットンを使用して皮膚を潤す

subpage01

化粧水は洗顔した後に付けるアイテムですが、少し工夫するだけで効果を何倍にも飛躍させることが可能です。


「コットン」を使って化粧水をたくさん付けると、ローションパックという手段で、皮膚を潤すことができます。

最高の化粧水の保湿技術のご紹介です。

使い方は簡単で、一枚のコットンに何時も使っている保湿ローションをたくさん付けて、二枚か三枚に裂きます。

裂いた後に直ぐに顔の好きな箇所にのせて、5分から10分ほど置くようにするのがポイントです。

実際に液体だけ肌にのせるよりも効果は高めになります。


・コットンに化粧水をたくさん付けた後に裂いて、皮膚に一定の時間はのせておくと、肌の水分量が上がるのが大きなポイントです。
・浸透率が上昇します。

単純に手の平に取って肌に付けるよりも、効率よく浸透させることが可能です。


乾燥気味な人や極度のドライスキンな人に適したやり方になります。

・保湿に特化した化粧水を使ってコットンパックすれば、皮膚を更に潤いで満たせます。


加水分解コラーゲンやサクシニアテロコラーゲン、プラセンタなどが入っているとより一層、保湿に期待できるでしょう。しかし、注意したい問題が幾つかあります。

コットンパックを頻繁に利用していると化粧水が急激に減ってしまい、出費が多くなるデメリットには注意すべきです。
毎日、利用したいならプチプライスの製品を利用するとデメリットを抑えられます。



低価格でも高品質な製品はありますから、コットンパック専用と普段使いを分けておくと良いでしょう。


もう一つはパックするのは10分までにすべきです。
10分を超えると肌が冷えて血流が悪くなります。