化粧水で保湿するポイント

subpage01

化粧水で保湿する際のポイントとしては、肌に水分を与えて整えることです。

洗顔後は、余分な皮脂や汚れが取り払われた状態です。
この状態のままにしておくと肌が乾燥しやすくなり、毛穴まで乾燥し開くようになり、結果として、肌のキメが乱れることになります。
洗顔後や風呂上がりなどは、5分以内に化粧水を使って保湿することが大切です。

化粧水の保湿に関して悩んだら、是非お試し下さい。

保湿をしっかりと行うためには、ヒアルロン酸やコラーゲンが配合されたもの、もしくは、アミノ酸配合のものなど、肌細胞を潤すための効果が期待できる化粧水を使うようにします。

ヒアルロン酸は、肌内部の水分を維持するために必要な成分であり、この時、コラーゲンも一緒に摂取することで、ヒアルロン酸をサポートし肌のハリを作る働きを促してくれます。

化粧水をつける際には、コットンを使う方法と手のひらを使う方法があります。


コットンで肌をパッティングするだけでは、肌に刺激を与えることになり、肌荒れなどのトラブルが起きている時には、刺激が強すぎることがあります。
肌荒れなどが起きている場合には、手のひらで顔を包むようになじませていきます。また、手のひらでなじませることを習慣化させることで、自分の肌の状態を把握することができるようになります。



使用する量は、適量を数回に分けて使うこともポイントです。適正量は、化粧水によっても異なりますが、目安は、500円玉程度です。



丁寧に保湿を行いたい場合には、手を温めておくことで、より肌になじみやすくできます。